そて重力個々与えている力全て合算たらこそ無限近い力なる思

そて重力個々与えている力全て合算たらこそ無限近い力なる思。重力は原子核の中にあって、それでその合算された量で重力が決まります。重力ってで働くんか そて、重力個々与えている力全て合算たら、こそ無限近い力なる思、重力無限の力であり、個々対て配分て力与えているのでょうか 、例えば地球なら、地球対て一個人重力働く言か、そそ合算するのでなく個々働く力いうこでょうか

重力は原子核の中にあって、それでその合算された量で重力が決まります。科学もこの原因がハッキリ分かっているとは言ってないようです。それで重力子なるものがあって、これが重力の働きになっているのではないかとされています。ところでその前に宇宙が空間毎広がっているとして、それで物質も一緒に付いて行く事になってます。これでは恒星や銀河としても集まりようがありません。重力があればそれだけで集まり出しそうです。しかし肝心の重力がどう発生しているのかが、未だ検索の途中なので分からないので、取り敢えずは空間に一緒に持って行かれる物質を止めなければなりません。それで科学ではヒッグス場というのを考え、これが空間を埋めていて、それで空間に持って行かれる物質を止める働きがあるとしたのです。それは質量を与えるという言い方をしてます。それから重力を考えてみましょうという事になって、重力子なるものがあるのではないかと言われているのです。私はこういう思考に対して批判して回答しているので載せてみます。重力に付いては後半に載せてます。なお私はブラックホールを否定しているのですが、数か月前頃これの本体が写し出された事に付いてです。ブラックホールは今までは直接見えてませんでした。超重力で空間を引き込んで光さえ出られないので、黒くしか見えないとされてましたが、この黒い物が見えてなかったのです。それで間接的に周りで起こっている現象を捉えていて、今やジェットが出ている物でさえブラックホールがある原因と言われるようになってます。光さえ抜け出せないのに、何ぼ傍からとは言えジェットです。それで科学でも何だかバツが悪いのか、直接見える物を出して示そうとしていたのです。それがニュースでも見られたかもしれませんが、周りが光で囲まれて、内部が黒くなっている写真です。ところで実はそれがブラックホールではなくて、単にそこに物質もなくて、空間だけかもしれないという事はあるかもしれません。さて銀河の中心に普通にブラックホールがあるとされてます。これは光さえ抜け出せない超重力だと言われているので、中央が大きく光で膨れ上がっているのは想像を超えてます。ここがドーナツの穴のように暗くなっている方が気に合ってます。しかし現状は全く想像を超えたものです。こういう事なので、光で大きく膨らんだ更に中に、本当は黒い点でも、あるいは今回のように写り方でも良かった物があればという事で、科学が調査を続けていて、この努力が報われた事になってます。周りが明かりで、その中に黒だけの部分で写っているので、これがブラックホールで見えたものだとしているからです。ところでブラックホールを直接撮影としてますが、単に何もない空間だけの可能性もあるのではないかと思える事です。ブラックホールが見えない状態なのが、周りの光に囲まれた黒の部分が、ブラックホールを撮ったものと言う事です。ところが光を出さないのは、そこに物質がないので光る物も存在してない可能性もあります。銀河が回転してますが、例えば台風などは回転が外に伝わって行くのには,周りに十分な雲の群れがあります。そして中心は寧ろ穴が空いてます。それが銀河の中心に超重力のブラックホールがあるのでは、可笑しいです。回転が外の方に伝わって行かないのではないかという事です。即ち全てがブラックホールの方に引かれて行くだけになりそうです。回転が外にまで同じような速さで伝わる為には、台風の例のように全体に重さが均等になるようになって、そして中心では穴になるように、この部分が軽くなる状態でなければならない事になります。それで中心にブラックホールがあっては困る状況です。これは今回明らかに見えたとしても、空洞である可能性が見えているかもしれないという事です。さて科学では銀河が出来上がったのは周りの物質が集まった事が原因です。これですが、太陽が外の恒星と一緒に銀河の中心を軸として回っている即ち公転をしているのですが、果たしてこれで黙っていても公転出来ていられるでしょうか。物質が色々な方向から集まって来て銀河が出来る関係を考えると、来る力はベクトルという事では、どこかに一方方向に回す力が働くでしょうか?ピッチャーが球を投げる時に、指で球に意識的に回転を与える事で回転になります。銀河全体にこれを回すような意識でも働いたのでしょうか?いずれにしても全体、しかも上も下も右も左からも何処からも来る大量の物質の群れです。これでは全体が団子にでもなるようなものです。平らになる事さえ考えられないかもしれません。このようにして銀河自体の成り立ちも怪しいのです。さてブラックホールが出来ている理由です。恒星が出来て来たのは、周りの物質が集まってです。一緒に惑星も出来てますが、要するに科学では空間が現れて広がっているとしているのですが、この時に物質も現れて空間の広がりに引っ張られて行ってました。これで恒星になる為に物質が集まらなければならないのです。それで超強力な重力の引付の為にブラックホールの存在を当てたのです。加えてこれは空間を引き込むので、広がる空間に対抗出来ます。 ところがブラックホールが出来る為には、物質が大量に集まらなければなりません。何か変です。集まる物質の為に必要なブラックホール、しかし物質が集まらなければこれが出来ない。この存在は出来ている原因自体に無理が掛かってます。光さえ抜け出せないと言っていながら、周りでは摩擦を起こしてエネルギーや光を放出していて、しまいには何とジェットまで噴き出ているという事になってます。さて私の考える銀河で、内も外も同じような速さで回っている事です。これは銀河が最初から塊であったのです。これで回転の内に、外に恒星を散らして行って渦状等になってます。それで元の銀河の塊の回転が変わらず、何時までも同じ速さで回り続けていた事が原因になります。この速さで出て行く恒星を送って行ったのです。ところで私の思考で銀河が最初から熱の塊、即ち光の塊でもあったので、今回ニュースで出されて写真は何もない空間だけに見えます。それで私のような主張が通る理由もないようです。しかしここでも台風の例ですが、私の説で銀河が回転の内に外に恒星を流し出して行くのですが、それが出る恒星の多さで引かれて台風のような状態になって行くと、中心が空洞の穴だけになりそうです。元に核として塊があったのが、段々とこれがなくなって行って、仕舞に空洞だけになりそうです。それでその写真のような状態でも可笑しくない事になります。ちなみに科学ではジェットの原因をブラックホールに託してますが、私はジェットは私の思考の恒星に膜状態がある原因と考えてます。即ちこれに穴だけ開いて、そこから内部の圧縮されたガスが水鉄砲のようにして飛び出た想像です。この勢いの力が逆面にも起こって、両方向にジェットが起こっていると思われます。これはカンナの場合、刃を下方向に下げる時に、逆側の木の部分を叩いても下に下がるという事です。即ち噴出する力は、同時に逆側にも働く事があるのです。もしこれが一方的の方向だけですと、回転になってパルサーのようになるでしょう。「一般相対性理論」では、重力により質量の周りの空間が歪み、時間が遅れるとします。しかし、空間そのものの中には何もありません。同様に時間の中にも何もありません。どうして、何もないのに歪んだり遅れたりするのでしょうか。これから「時空間が歪む仕組み」を説明します。真空中には「電場」「磁場」「ヒッグス場」と言う「場」があります。電磁波は「電場」と「磁場」の振動です。「電場」と「磁場」の振動が止まると電磁波はなくなります。このように、空間は「無」ではなく「振動する場」があります。そして、重力により「空間の場」が歪みます。振動しない場は伸びており、振動すると場は小さくなります。このため、振動する場質量の周囲は、質量の方向へ引かれます。まるで、トランポリンにボーリング玉を置いた時のように、「空間の場」は質量のある方向へ引き伸ばされます。このように「電磁場」が重力により歪むので、電磁場の上を真っ直ぐ進む光は曲がります。「シュワルツシルト半径」の位置で、電磁場は「0」にまで圧縮されます。ですから、光は幾ら電磁場を伝わっても前に進むことは出来ず、そこから脱出できません。物質が「ヒッグス場」を動くと、「ヒッグス粒子」が生じまとわり付かれ、動きにくさを与えられます。2つの質量があると、①相手の質量の方向の「ヒッグス場」が②その反対側よりもより引き伸ばされ、「ヒッグス場」は薄くなります。①の方が、相手の質量に近く重力が強いので、より引き伸ばされるのです。したがって、物質が同じ距離移動しても、生じる「ヒッグス粒子」の数は、「①の方向に動いた時生じる数反対側の②の方向へ動いた時生じる数」となります。つまり、他の質量のある方向には動き易いのです。粒子は上記のとおり振動し、絶えず様々な方向へ動こうとします。それを、ヒッグス粒子が止めています。他に質量がある時振動すると、粒子は②の方向より①の方向へ動き易いので、①の方向へ動いて行きます。これが「落下」です。この様に、重力により「空間の場」が歪むので、光が曲がり物質は落下します。「電磁場」や「ヒッグス場」と言う実体を除いた後に残る何もない「空虚な空間」そのものは、重力によっても歪みません。なぜなら、歪むものが何もないからです。詳細は、下記ホームページを参照ください。物質の素粒子であるクオーク、1つ1つに働く力です。重力は、クオークの数質量の大きさに比例し、重心からの距離の2乗に反比例する性質があります。どういうことかというと、質量が大きいほど重力は強くなり、同じ質量なら、重心からの距離が短い、つまり密度が高いほど重力は強くなっていきます。密度が高いとクオーク1つ1つからの距離が全て短くなるからです。ブラックホールの本体である「特異点」の表面重力が∞になるのは、大きさが0であるために、重心からの距離が0になるから、密度が∞、重力も∞になってしまうのです。特異点は存在せず、大きさが0にならないから、密度、重力が∞にならないという「超ひも理論」や「M理論」という仮説もあります色々な仮説や推論持論ありますが、重力に関しては媒介する粒子も見つかっておらず、研究段階の域を出ません。なので答えは「まだわかりません」です。重力は、距離が二倍になれば力が四分の一になりますどんなに重力が強い星でも、ずっと遠くにあれば影響はほとんどゼロです細かく見れば、分子ひとつひとつがそれぞれ固有の重力を持っていて、それを合算して距離の二乗で割った力で引き合います「重力」で「無限」と来れば、ブラックホールの話になりますねブラックホールの中心では、ほぼ無限に狭いエリアに、ほぼ無限に大きな重力がかかっています「ほぼ無限」を「ほぼ無限」で割ると一定の重さになるので、ブラックホール本体から一定以上離れれば普通の星の重力と同じです

  • comicoコミコ 話はほぼ合いませんが生真面目で1歳上
  • 院長ブログ 密接はダメなのよと言った相手に密着は禁じられ
  • ジャニーズ ジャニーズのライブって1名義で複数日当たるこ
  • こちら葛飾区亀有公園前派出所 それを見た部長が怒ってギリ
  • パワプロ2016 このイベキャラでピッチャーのデッキを作
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です