好奇心旺盛な暇人 FF6の諸悪の根源であるガストラ皇帝魔

好奇心旺盛な暇人 FF6の諸悪の根源であるガストラ皇帝魔。ガストラは既に70を超えた老齢です。FF6の諸悪の根源であるガストラ皇帝魔大陸で、世継ぎ欲いセリスケフカの子産めか言い、未だわかりません
ガストラ自分の世継ぎケフカセリスの子望んで か、セリスケフカ赤の他人
権力の亡者のガストラで、こんな事ほざいたのでょうか
犬皇帝ボケてたんかね 好奇心旺盛な暇人。ケフカとガストラ皇帝は幻獣界へ行き。伝説の三闘神とよばれる神様の力を使い
。魔大陸を浮上させました。?????????!! セリスはケフカに斬りかかりまし
た! かっこよすぎ!セリスカッコよすぎだよぉん!ある老人に話しかけると。
幻獣なんて知らない。との事だった。と私が言ってよいのかわかりませんが。
メモをとらない人が多いですね。さらに。私は「ついでに」が大好き人間なん
ですが。「これするついでにあれしたらいいじゃ~ん」までも

魔大陸。セリフ&ナレーション セッツァー, 魔大陸に乗り込むぞ! ――, 3人は上に残る
んだ! あとのメンバーは中へ! ――, くっそー! インペリアル帝国?エア
フォース空軍だ! 後ろにまわった! むかえうつぞ! ――, 前方から変なやつ

ガストラは既に70を超えた老齢です。物理的に子をなすのは不可能でした。だから一番の部下のケフカと同じ魔導師であるセリスに子をなすよう命じたのです。ケフカに、セリスの中に出させてる間に、自分はティナとHしたかっただけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です