舞踏について 土方巽など出演する暗黒舞踏観理解できません

舞踏について 土方巽など出演する暗黒舞踏観理解できません。またずいぶん古いものをーー。土方巽など出演する暗黒舞踏観、理解できませんでた やり知識ない楽めないのなのでょうか 舞踏について。土方巽の舞踏が。舞踏の先例でありモデルであり。アーキタイプであり
マトリクスであるとするならば。その舞踏の様態をそれぞれの評者の感性や
知識。経験。関心。立場に拠って。それぞれの時代状況を負って発言されていて
。実に多様。多層な土方巽像と舞踏観が示されています。そのすべてを渉猟すれ
ば。土方巽の舞踏が理解できるのかもしれません。クラッシックバレエなど。
さまざまなダンスにふれ習得して。そしてそれらを脱ぎ捨てて宣言したのが暗黒
舞踊でした。終わりなき舞踏メソッド創造への旅。それは嫉妬を遥かに超え。それまでの彼等の舞踏観を根底から覆しアイデ
ンティティーを奪うものでした。写真と言葉によるプレゼンテーション。それ
が前衛舞踊から暗黒舞踊。暗黒舞踏と名乗りを挙げる一つの契機ともなりました
。今更スタイルも全く違う舞踏家達や酒好き理屈好きの批評家に媚びを売る
ように営業をかけるのか理解できませんでした。このことが後に土方死後の
舞踏界に。元藤が舞踏家として再デビューする政治的な目論みに大きく関与する
などとは。

生き物本来の居方を取り戻す。世界的に活躍する舞踊家?田中泯。暗黒舞踏の創始者?土方巽に私淑し。既存の
表現方法に囚われない踊りを続けてきた。山田洋次監督作品「たそがれ清兵衛」
に出演するなど。演技でも高い評価を受けている。 特定のステージで踊るのでは
なく。となったりする。面白いですよね。 普段は「私」が邪魔をして。そんな
風にカラダの中で起きていることを感じ取ることはできません。アーティスト?インタビュー:森下隆土方巽アーカイヴ。今回は。アーカイヴを担当する森下隆さんに。アーカイヴの仕掛け人のひとり
でもある舞踊評論家?石井達朗さんが。その編集部 今年の月日に。世界が
認めた舞踏家の大野一雄さんが歳でお亡くなりになりました。土方は年
に亡くなりましたが。公演の映像や「舞踏譜」などのドキュメントを収集した「
土方巽アーカイヴ」が日から月日まで「燔犠大踏鑑?第二次暗黒舞踏派」
結成記念公演としてアートシアター新宿文化で催されたもので。『

土方巽など出演する暗黒舞踏観理解できませんでたの画像をすべて見る。土方巽?暗黒舞踏創始までの再考察。ム美術と詩。ネオ?ダダ。アヴァンギャルド美術などか らの影響関係が
そこで。土方が暗黒舞踏を創始するまでの時期につい て。新たなテレビ番組
への出演による多様なダンスとの出会いに焦 点を当てた。これらは。取材
によって新たに注目した視 点である。 土方巽の神話化。本質主義的解釈に
しばしば用いられ

またずいぶん古いものをーー 笑今から50年前近く前に流行ったものが感覚に合わなくても普通だと思うけど? 山海塾なら少し新しいけど、それだって主催者はそろそろ引退です。知識より、アングラなものを喜ぶ感性があるか?だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です