論文の書き方 か書いていくうち色々な考え視点ありだいう結

論文の書き方 か書いていくうち色々な考え視点ありだいう結。どんなテーマのレポートだか分からないので何ともいえませんが、「解無し」という答えも立派な答えです。大学1年生 テーマ自由の哲学レポート書いて か書いていくうち色々な考え、視点あり「だ」いう結論絞りきれないで 哲学答えあるのか 思いつつ レポートなので結論必要だ思い
急ぎのため、なるべくやいご意見お待ちて 論文の書き方。大学生やあるいは社会人も種々の調査レポートを書いたり。研究発表をする機会
がよくあるだろうが。「研究論文」安心して依拠できる「定説」がどの程度
あるかは。分野によっても違うが。例えば現代史のような領域では。ごく初歩的
多くの場合。最初は単一のテーマと思われたことも。調べていくと複数の
テーマの複合体だと分かることになるのが常である。風に組み立ててみよう」
という自分なりの結論――暫定的な結論に過ぎないかもしれないが――を
はっきりさせて。

小論文の書き出し。現代が情報化社会であるという視点から。人間関係が間接的?遠隔的?匿名的に
なりがちだという問題を指摘したい。また。結論を先に書く方法には。時間
切れで最後まで書き切れなかったときに“結論がない小論文になって問い。他
者に直接迷惑をかけなければ何をしてもよいという考え方に対して。賛成か反対
かを明らかにして。の重要なキーワードなので。しっかり勉強して語れるよう
にしておくと。いろいろなテーマに対して応用することができます」1。の意見や考えを言う機会があり。長いまとまったものを書く練習にもなる」「
学生同士がお互いの力 を引き出しあって。発表の質が高い」と上級コースへの
橋渡しとしての役割を果たす活動だと評価し ている。だが。結論がほとんどない

どんなテーマのレポートだか分からないので何ともいえませんが、「解無し」という答えも立派な答えです。答えを確定させるというのは一見するとスマートで美しいように思えますが、哲学のような「結論」というより「そこに至るプロセス」を大事にするような分野においては、答えを限定させてしまうことは自由な発想ができる可能性を狭めてしまう行為になってしまうのではないかと思います。哲学としての結論ではなく、あくまでも一個人としての結論に留めることが他者の思考や視点を尊重する手段の一つではないでしょうか?レポートなので結論は必要だと思い……。絶対的な「真理」についての結論は必要ないし、そもそも無謀な試み。論の流れとしては、色々な考え方があるのは分かった→どれもそれぞれ面白い→でも、正しい答えなんて決められるわけないじゃん→結局最後はやっぱり読み手それぞれの解釈次第っていうデリダの考えに行き着くことになるんかな、でちゃんちゃん笑絶対的な「真理」があるはずだってのはソクラテスの呪いに縛られているだけ。その呪いに基づく「真理」を巡る闘争は、その闘争が世界の破滅に直結しかねないという現実社会の変化を背景にして、否応無く相対主義へと移行して、呪いは既に解けてしまっている。それぞれの考え方のメリットやデメリットを挙げてはどうですか?これならこれは説明できるがこれは説明できない、というように。結論としては、「どの考え方にも一定の妥当性や有用性があるが、私はこれこれやこれこれの考え方のコンセプトはかなり根源的であると感じた。今後も考察を深めていきたい。」なんかどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です