近年の国会運営をめぐる諸課題 上記2点の論点ついて議論た

近年の国会運営をめぐる諸課題 上記2点の論点ついて議論た。本気ではありません。安倍首相、憲法改正ついて、「野党議論拒否ている」か言っている???

「立論」なければ議論へったくれない、 思うどうよ 知る限り、安倍首相の立論、

①「パパ違憲なの~」

②「自治体非協力的だ~」

だけだ

上記2点の論点ついて議論たいのならば、①、②ついて、国会で議論ようぜ

(知恵袋)で、改正の「立論」示てくれ 度投稿て、

「九条ある、拉致被害者救い出せない」

か、マヤカシか返ってこない
「改正のため改正する」 か聞こえない

野党、審議拒否ているのでない

「安倍首相の①、②の様『立論』示てくれ」、

言っているだけだ う一度言う、でなければ議論へったくれあるか
法案で大事なの「立論」だろ

「立論」なければ、反対尋問すらできやねぇ~

挙句の果て、

「なぜ、改正反対なの 」

来たんだ

最近、「本気で改正する気あるのか 」

正直疑っている

実いう、上記の様な話延々50年続けているんだけどね
ったく、くだらん話、だ思う 第4回「首相公選制を考える懇談会」議事要旨速報版。今後検討すべき論点について議論する前提として。委員皆様からそれぞれ論点の
メモを提出していただいたが。当該メモは?はいわばⅡと表裏の関係にあろ
うかと思うが。首相公選制を仮に導入するとした場合のその意義はどのような
ものな二番目は。首相と議会との一体性というものが議会制の一つの基本で
あるならば。今はちょっと具合が悪いとすればことであって。ある意味では2
も3もやや各論的な問題になるので。その点について御意見を何よりもいただき
たい。

近年の国会運営をめぐる諸課題。繰り返し説かれているように,議会政治に対する国民の不信感は高まりこそ
国会議員や議会政治の専門家による国会改革論が次々に公表されている。
憲法問題であるとの視点から,そうしたあり方についての抜本的な議論がなさ
正しうるところで,この点について憲法改正の必要はない。」法律で,一定の
場合には,一定の期間内に,臨時国会を召集しなければならな 衆議院議員
の任期満了による総選挙は,過去に一度だけ例がある昭和 年 月 日,

本気ではありません。いちいち相手にしていれば時間を無駄にするだけ。一応は自民党案を掲げて選挙に勝った以上、立論や議論のターンは過ぎたということなのかもしれません。でも確かに、「今の憲法の何が問題か」の議論ってあまり聞いたことがありませんね。個人的に変えたり足したら良いなと感じることを探すのであれば、「同性婚」「環境権」「財政規律」でしょうか。例えば同性婚の場合、憲法の「両性」の2文字で結婚できないというのはどうかな、と思います。地域によっては代替措置もあるようですが、異性間で可能なことが同性だから出来ない、というのは不平等に感じます。それに、子供には綺麗な場所を残したいし、借金は残したくないです。もちろんそれぞれに法律はあると思いますが、それでも産廃処理や赤字国債の問題等が出てくるのは、法律という「実務」では対応できなくて、憲法という「規範」に書き込んで、考え方から変えないといけないのかなと感じるからです。後は「一票の格差」「教育の無償化」「道州制」等にも関心があります。ちなみに9条は変える必要性を感じていません、何故なら9条が理由で出来ないことが特に思いつかないからです。 今の憲法法律では解決が難しい課題について議論していって、多くの人が改憲が必要だなと感じたら、自然とその方向に収束すると思います。もし改憲がしたいなら、それが結局1番の近道だと思うのですが…。あなたの言う通りだしかし明日にでも北朝鮮の核ミサイルが飛んで来たり中国が尖閣を取りに、さらに沖縄まで強奪すると考えロシアが北方領土を渡さないのも日本に憲法9条があるからだと考えているこの危機をリアルに考えられないのは脳内「お花畑」だからと本気に考えている今、なぜ憲法を改正しなければならないのかしかも800億円かけて自衛隊の明記なのか全く理解できない法案で大事なのは、その内容がどうであるか、という事だと思うけど。自民改憲案:9条、73条、64条、47条、92条、26条、86条第9条の2第1項前条の規定は、我が国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。第2項自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。※第9条全体を維持した上で、その次に追加第73条の2第1項大地震その他の異常かつ大規模な災害により、国会による法律の制定を待ついとまがないと認める特別の事情があるときは、内閣は、法律で定めるところにより、国民の生命、身体及び財産を保護するため、政令を制定することができる。第2項内閣は、前項の政令を制定したときは、法律で定めるところにより、速やかに国会の承認を求めなければならない。※内閣の事務を定める第73条の次に追加第64条の2 大地震その他の異常かつ大規模な災害により、衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙の適正な実施が困難であると認めるときは、国会は、法律で定めるところにより、各議院の出席議員の3分の2以上の多数で、その任期の特例を定めることができる。 ※国会の章の末尾に特例規定として追加第47条両議院の議員の選挙について、選挙区を設けるときは、人口を基本とし、行政区画、地域的な一体性、地勢等を総合的に勘案して、選挙区及び各選挙区において選挙すべき議員の数を定めるものとする。参議院議員の全部又は一部の選挙について、広域の地方公共団体のそれぞれの区域を選挙区とする場合には、改選ごとに各選挙区において少なくとも1人を選挙すべきものとすることができる。前項に定めるもののほか、選挙区、投票の方法その他両議院の議員の選挙に関する事項は、法律でこれを定める。第92条地方公共団体は、基礎的な地方公共団体及びこれを包括する広域の地方公共団体とすることを基本とし、その種類並びに組織及び運営に関する事項は、地方自治の本旨に基づいて、法律でこれを定める。第26条第1、2項は現行のまま第3項国は、教育が国民一人一人の人格の完成を目指し、その幸福の追求に欠くことのできないものであり、かつ、国の未来を切り拓く上で極めて重要な役割を担うものであることに鑑み、各個人の経済的理由にかかわらず教育を受ける機会を確保することを含め、教育環境の整備に努めなければならない。第89条公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の監督が及ばない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。憲法草案を提示して是非を議論するのが駄目ってこと?多くの憲法学者が自衛隊は違憲と考えている。と言うのもある。そもそも戦車や戦闘機を持つ組織が軍隊ではないと言うおかしな誤魔化しを正すべきではないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です