Untitled さら韓国水中で使用できる垂直発射管備え

Untitled さら韓国水中で使用できる垂直発射管備え。プロと呼ばれる方がいて評論家や記者ではなくそういう方が云われている話を聞いてからでよいと思います。韓国「いづ型」上回る排水量3万トン級の強襲揚陸艦 兼 軽空母建造するこ大道で決定たこ中国で報じられ 元空母設計行う艦なので格納庫や武器庫の適合性や整備性能な点で後改修て軽空母化する「いづ型」で対抗できない可能性濃厚だ思われます さら韓国水中で使用できる垂直発射管備えた弾道ミサイル搭載型潜水艦すで国産で進水させて試験運用段階移行ており、戦術兵器で圧倒的優位保っていた海自韓国戦略兵器の分野で上回る可能性出てき 韓国への対抗策て、元空母設計行った艦の建造検討すべき思われます、どうでょうか 韓国軍も国産SLBM開発に拍車「年内に水中射出試験を実施。韓国軍当局が国産の潜水艦発射弾道ミサイルの地上射出試験を終えて
。年内に水中射出試験を計画している潜水艦「島山安昌浩」は発射管が
つのコールドローンチ方式の垂直発射台を備えている。ため。
ミサイルなど先端高威力戦力を確保しており。持続的に発展させていく計画だ」
との立場を明らかにした。既存の「北極星」に比べて。直径が大きく。長さ
が長くなっており。多弾頭搭載型に進化しているという分析だ。

北朝鮮。韓国議会の議員は3日。同国の情報機関。国家情報院NISの話として。北
朝鮮が潜水艦を新たに2隻建造して議会情報委員会の野党議員は。ロイターに
対して「北朝鮮が建造中の潜水艦のうち1隻は。潜水艦発射弾道ミサイル
SLBMの搭載が可能潜水艦の兵器システムは公表されなかったが。潜水艦
の規模を踏まえるとミサイル搭載型の可能性が高い。とアナ北朝鮮が近く。
弾道ミサイル潜水艦を進水させる可能性があるとの観測が高まっている。臆測呼ぶ。韓国の潜水艦「島山安昌浩」の進水式写真。大宇造船海洋のウェブサイトから
しかし。より本格的な潜水艦を段階的に手にしていって。いずれは国産の
潜水艦を開発保有することを目指し。潜水艦開発プログラムをスタートさせた。
したがって。韓国のプログラムで最先端技術のリチウムイオン電池搭載型
の開発がスタートしても。さほど驚くべき- -には魚雷発射管
全ての潜水艦が装備しているに加え。各種ミサイル発射用の垂直発射

Untitled。これらの任務には。戦力投射。シーレーン安全保障。対海賊。平和維持。人道
支援/災害救 援/。および非戦闘員退避作戦が含まれる。 中国軍の
近代化はまた。米国が持つ中核的な作戦?技術上の有利性を劣化させる可能性がNK。北朝鮮の原子力潜水艦は,~,級で。 基以上を搭載できると推定
されるが。韓国軍の一部では ~発北朝鮮は新浦での搭載が
可能な,級新型潜水艦を建造していたが。この艦が完成したことを意味する
。韓国の国家情報院が日。北朝鮮の潜水艦建造基地の咸鏡南道新浦造船所で
の発射に使用される水中射出装置が確認北朝鮮がを搭載する新型
の潜水艦 の進水準備を本格化させたとみられるという外信の報道が相次い
でいる。

韓国が目論む「2020年の核武装宣言」:日経ビジネス電子版。北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル開発に対抗して。韓国もの開発
に本腰を入れる。鈴置。厳密に言うと「我が国は核武装する」あるいは「核
武装した」といつでも宣言できるよう。準備を進めています。 年月。武器
を調達する防衛事業庁が。搭載型の潜水艦の建造を進めていると明かし
ました。鈴置。聯合ニュースは「次世代潜水艦の建造開始 垂直発射管門搭載
=韓国」月日。日本語版で。トン級半島内での使用出来るのです
か?

プロと呼ばれる方がいて評論家や記者ではなくそういう方が云われている話を聞いてからでよいと思います。日本でもけっこういるのですが、言葉だけでカタログスペックだけで、良し悪しやら語ったり、ひどいと指示が出せる立場だったりして困ったものなのですが、そういうのは無視でいいと思います。私はIT関連と農業しか、実は、人に聞かせても迷惑かからない程度の話を発信、って出来ないんですが、それでも間違うので、正直素人だからという理由が大きいのでしょうがこのカタログスペックの比較だけ聞いて、>こちらは元から空母設計を行う艦なので格納庫や武器庫の適合性や整備性能などの>点で後から改修して軽空母化する「いづも型」では対抗できない可能性が濃厚だと>思われます。とか、>元から空母設計を行った艦の建造を検討すべきとしている訳がつながりません。そのほうが強いのでしょうか?向こうが大型空母ばっかになるなら、こっちは大型空母が困る装備を真っ先に揃えるべき、とか、そういうものではないんでしょうか?CADで線を引いて、材料を加工して組み立てること自体は、韓国でも可能ですが、まともに動くかは別です。決定したわけじゃないです中国の新聞が勝手に賭場式辞を書いてるだけで実際は韓国の国防計画で10年後くらいには建造したいな位の話で今までも似たような話が出ては何回も頓挫していますそもそも、前級のドクトの艦載ヘリですら予算不足で購入出来ず10年間もヘリ無しで運用してきて、ようやく今頃になって搭載ヘリの購入始めたくらいですまともにいっても30年くらい先の話だし今の韓国経済はいつ崩壊してデフォルトしてもおかしくない状態ですから「あっそう、頑張ってね」くらいの感じで見ておけば良いと思いますよそもそも韓国は日本を仮想敵としてきましたし、自衛隊の装備に対抗意識を燃やしてきました。アメリカの手前、表立ってそういった発言をしてこなかっただけですが、国防文章としてはっきり仮想敵と記されているようです。対抗意識バリバリ&見栄っ張りな為か、韓国はいつも目先の装備に拘って運用や維持管理についてはからっきしダメダメです。カタログスペックは凄く立派でも張り子の寅なんですよ。因みに空母運用はノウハウの習得~戦力化までざっくり十数年の年月が必要とされています。金と人が有り余っている中国ですら遼寧というテストを経てようやく国産空母建造に乗り出しています。それでもまだまだ時間がかかるようです。何の経験もない韓国がいきなり自国産空母を建造してうまくいくと思いますか?また、いずも型が最初から空母運用を想定していないのは当たり前です。時系列で言えば当時F-35Bなんてまだまだ海の物とも山の物ともつかない状態ですからね。どちらかというとオスプレイを載せる前提だとした方が自然今回の改修で空母運用の研究をじっくりやろうというのが本音でしょう。もう一つ言えば韓国製潜水艦も運用という点では難があります。そもそもそんな物の運用実績が無いんです。さらに言えば自衛隊の対潜哨戒能力はキチガ〇じみているので出航から行動を捕捉する事は可能です。実際中国潜水艦に対して行えています。韓国には頑張って金を使い盛大に失敗してもらった方が日本としては都合が良いのです。きっと期待に応えてくれるでしょう。後から改修して軽空母化する「いづも型」では対抗できないいづも、はヘリ空母だからF-35Bの高温排気に甲板が耐えられないから航空母艦じゃないとの答弁で作られた艦。でも、なぜかエレベーターがピッタリF-35Bが収まるサイズはじめから、F-35B運用を目的として建造された艦船でしょ。それほど大きな改修じゃなく運用出来る。韓国の軍事事情として、実際に必要な装備を吟味してそろえるんじゃ無く、日本の自衛隊に○○が入ったから我が国も欲しいって?2~3歳の子供がオモチャ欲しがる感覚で装備しています。今回の空母建造も同じその証拠に、なぜ「いづも」より大型と書く必要がありますか?単に、○万トン級と言えば良いのに、必ず自衛隊装備を引き合いに出します。そんなノリですから、大事な運用面なんておざなりなんです。全く脅威になんてなり得ません。韓国軍、効果的に軍備そろえるなら、45cmの段差も超えられない戦車をどうにかした方が良いと思うよ。エンジンパックも自製出来ないし。本当の敵はどこから攻めてくるか考えた方がいい。なぜか韓国は日本を敵国としているが一応、自由主義連合の同盟国でしょ?まず、空母と空母は戦いません。空母と空母が艦載機を駆使して戦う図式は、戦史的にも極めて稀なケースしか起きていません。そして、現代の水上艦は対艦ミサイルで沈めるのが主流で、半島国家と島国の両国が空母同士で戦う可能性なんて限りなくゼロです。そもそも自衛隊にしても韓国軍にしても、軽空母を取得したところでまともな運用方法などろくに持ち合わせません。潜水艦発射型弾道ミサイルの開発と保有を試みても、あの韓国ですから無理でしょう。100歩譲って保有したとして、核弾頭のない弾道ミサイルでは「戦略兵器の分野で上回る可能性」などあり得ない話です。1トンも無いような炸薬量では「戦略兵器」とは呼びません。バッタが飛んでも届く距離に、空母はいらん。大海をはさんだ向こう側と戦うくらいじゃなきゃ、使い道がない。計画倒れ過去まともにやれた事例がありません韓国の艦がこれから作って完成するわけないでしょ。資金不足で頓挫するだけ。韓国なんてほっときゃいいの。>から空母設計を行う艦なので小学生の夏休みの宿題と同じ。立派な計画は立てるけど、やってみたらダメだった事例がそこそこある国です。もともといずもの改修も空母対空母のための改造ではないし、韓国相手なら陸上空港の戦力で圧倒して終わりです新造空母を作ればそのぶん他の兵器の予算が減ることを無視していませんか?空母などあまり気にしなくて抑止力を持つことです。ソウル ピョンヤン ペキンをターゲットにする多弾頭ミサイル配備が先です。>排水量3万トン級の強襲揚陸艦 兼 軽空母去年から韓国の強襲揚陸艦は話題に出ています。>、新浪軍事は、韓国が日本を追い抜くべく4万トン級の準空母の建造を目指していると報じた。 >記事は、韓国海軍が先日「大型輸送艦を未来の航空機F35B搭載用に改造、改造する研究」との課題要求を発表したとし、この要求に基づき排水量3万トンから4万トンの空母建造の準備に取り掛かるとする韓国メディアの報道を紹介した。>改造してもF35を10機程度しか搭載できないいずも型護艦しか持たない日本の海上自衛隊艦隊にとって、大きな脅威になると指摘。高性能のイージス艦を持つものの、強力な航空兵の支柱が無く、海上の制空権掌握が難しくなるため、艦隊は不利な局面になるとした。その一方で「韓国は造船大国と言えど、その強みは民間用船舶にあり、強襲揚陸艦や空母の建造は容易ではない。それに、艦上の電子設備を米国から輸入しなければならない。このため、韓国の空母開発の道は順風満帆でない可能性が高く、決意、技術、資金がどれか1つでも足りなければ実現しないのだ」と論じている。中国のメディアはネガティブなコメントで〆ていますけれど。質問者氏と中国のメディアが勘違いしている問題として強襲揚陸艦というのは陸上部隊を目的地へ輸送して、上陸地点で味方部隊を艦載機で上空援護することをメインに据える存在です。もし、韓国側の強襲揚陸艦を主体とした上陸部隊が対馬を目指すのなら、海自の潜水艦が待ち伏せておいて、空自のF2やP1が対艦ミサイルを抱えて攻撃を敢行するのであって「いずも」型の出番はありません。日本の近海なら陸上の航空部隊で対処できるのです。日本海で韓国の強襲揚陸艦が行動するのであれば、日本側の航空戦力は容易にこれを撃破できるのであって、「いずも」型で対処することはありません。我が国の防衛大綱を見ると「スタンド?オフ?ミサイルJSM、JASSM及びLRASMの整備」という項目が上がっていて、遠距離からの航空打撃力の向上を目指していることが明記されています。F2やP1に加えてF35による隠密攻撃も前提にしていることでしょう。韓国の強襲上陸艦への対処にも勿論有用です。これが南沙諸島であるとか、中東なら味方水上部隊への上空援護を将来の「いずも」型が提供するという局面も大いにありえます。>弾道ミサイル搭載型潜水艦をすでに国産で進水させて試験運用段階に移行しており、戦術兵器で圧倒的優位を保っていた海自を韓国が戦略兵器の分野で上回る可能性が出てきました。韓国は既に一連の陸上型玄武ミサイルシリーズで日本を射程に収めています。韓国はいつでも日本にミサイルを撃ち込める環境にある。日本は北朝鮮の脅威だけではなく韓国からの脅威にも対処せねばならぬというのは、昔からの話。だから、イージス艦を取得して、イージス?アショアの配備も進めないければいけない。イージスという盾を持ち、「スタンド?オフ?ミサイルJSM、JASSM及びLRASMの整備」という鉾も持つのです。>こちらも韓国への対抗策として、元から空母設計を行った艦の建造を検討すべきと思われますが、どうでしょうか?どちらかというと「おおすみ」型の後継艦を大型の3万トンクラスにしたいという噂話があって、それに韓国側が反応しているように思えます。災害対応では実に重宝している「おおすみ」でも、今後沖縄方面で本格的な揚陸作戦となると些か小さい。日本式海兵部隊を新設してAAV7を配備しても、母艦が小さいという恨みがある。対中国への抑止力として大型の強襲揚陸艦が欲しいというのは割と切実な意見ではあるのです。艦内にAAV7を搭載して、オスプレイを搭載して要員を短時間で揚陸させる。そうした上陸戦を可能とする強襲揚陸艦が日本に求められているのです。経済破綻するよ韓国の艦船は、レベルが低いから恐くない潜水艦は、動けない戦闘開始したら日本の潜水艦があっさり殲滅するよ分相応な軍備は、何の役にもたたないあすこの国はテストベッドちゅーコトバを知らんらしいSLBM運用可能な潜水艦しかも3000トン級???自国生産開発じゃないよの潜水艦で1000トン級すらマトモに建造出来ないわ、運用出来ないわなのにイキナリ3000トン???オマケに通常動力強襲揚陸艦に至ってはそもそも艦載機が無い???艦載ヘリすら持ち合わせていないのに容れ物作っても中身が無いじゃない?そんなもの脅威でもなんでもないイージスにしたってそう自前の衛星を持たずにどうやって僚艦とリンクするの?イージス艦は防御の要ソレを攻撃主観で運用するつもりみたいだが???用兵っちうコトバも知らんようだ韓国海軍はめちゃくちゃだよ?小型の沿岸型軍用艇小型の沿岸型潜水艇こんなのしか持ってないのに艦隊防空艦を遠洋攻撃艦にしたり艦隊防御艦の居ない強襲揚陸艦???対潜哨戒機はマトモな運用が出来ない対潜哨戒機ヘリはマトモな物を持ってないこんなモノばっかりで空母をどう守るの?艦載機も無いのに???たいそうなものは欲しがるがソレを運用する能力もノウハウも無い海軍???何を目指してるのか意味不明だ本来ならあえて日本に対抗するなら高性能な対潜哨戒機を数多く揃えて運用出来るようにする自前の監視衛星、通信衛星を運用出来るようにするちゃんとした防空艦を数多く揃えて運用出来るようにする対水上艦艇攻撃用の軍用機を数多く揃えて運用出来るようにするマトモな制空戦闘機を数多く揃えて運用出来るようにする警戒管制機を数を揃えて運用出来るようにするこれらが出来るようになってはじめて、やれ空母だ!SLBM潜水艦だ!ってやらないと???レース車両も作った事の無いメーカーが見よう見まねで作ったクルマを使って、素人ドライバーがF-1に出て表彰台に立とうとしてる行為に等しいよそもそも韓国は日本海にしか面していない狭い国土と海岸線なのに空母を保有する意味があるんでしょうか?仮に…日韓で軍事的衝突が起きたとしても…日本海で作戦行動が起きるわけなので作戦海域、空域、共に狭くて全く機能しないはずです。韓国海軍が建造する軽空母は1隻のみです。前級の独島型揚陸艦は2隻あります。ですが、この2隻とも設計、運用ミスによってほとんど戦闘不可能な状態です。今回、建造される3万トン級強襲揚陸艦はまず最初の設計段階で不祥事が起こる可能性があります。元々、それまである強襲揚陸艦をまともに設計、運用できていない国が新たに強襲揚陸艦軽空母を建造した所で主要戦力になるかどうかすら分かりません。その為、対日戦を行ったとしても海上自衛隊の一方的な攻撃の前に沈む可能性さえあるのです。一方、日本の海上自衛隊が改修して軽空母化しようとしているいずも型護衛艦ですが、設計的にはほとんど問題がありません。運用の問題でも日本は太平洋戦争当時には10隻前後の空母を同時運用するほどのスキルを持ち合わせています。その経験が今回の改修やその後の運用の手助けになるでしょう。質問者さんのいずも型では対抗できない可能性が濃厚だと思われます。ですが、上記にも示した通り韓国海軍と海上自衛隊との技術や技量は段違いの差があります。韓国海軍の強襲揚陸艦は戦線に投入出来るかも怪しい状態です。ですが、海上自衛隊のいずも型は改修後ある程度の訓練さえあれば実戦投入可能な状態まで持って行けるのです。韓国海軍の垂直発射管を備えた潜水艦ですが、行動範囲はせいぜい日本海と東シナ海の一部でしょう。それならば、十分に迎撃は可能です。日本のBMDシステムによって迎撃されます。BMDシステムとは日本の三自衛隊が共同で行動するシステムです。まず、敵潜水艦や敵地よりミサイルが日本本土へ発射された場合に早期警戒機や地上の管制レーダー、導入予定のイージス?アショアが目標ミサイルを捉えます。その後、日本沿岸に展開しているイージス戦闘システムを搭載したミサイル護衛艦によって迎撃します。それでも、撃墜出来なかった場合は地上配備のパトリオットミサイルによって迎撃します。仮に韓国海軍の潜水艦がミサイルを発射してもBMDシステムによって迎撃されます。そして、発射位置を逆探知されて海上自衛隊の護衛隊群が現場に急行して世界一とも言われる対潜戦を始めます。こうなれば、いくら高性能な垂直発射管を装備していようと海上自衛隊には勝てません。元から空母設計を行った艦の建造ですが、恐らく日本政府は行うと思われます。いずも型2隻が軽空母化して艦がまともに運用すれば追加でもう2隻程建造するでしょう。韓国海軍が新たに強襲揚陸艦を建造すればそれに対抗もしくは脅威と国民を煽り、軽空母建造を後押しするでしょう。個人的な意見ですが、現在の海上自衛隊の戦力では韓国海軍には勝てたとしてもお隣の大国である中国には敗北します。中国は海洋大国としての道を歩み続けています。中国海軍は現在空母1隻を就航させています。後続の空母も次々と建造されています。日本は中国に対抗すべくもっと空母を量産すべきです。来年を目途に「いずも型」と「ひゅうが型」の護衛艦を各1隻建造して4隻体制にするんじゃないかナ?そして、夫々の護衛艦にはF35を配備するハズですヨ。日本の護衛艦は基本的に攻撃型では無く「防衛型」ですから、大型化する必要はありませんし、いずも型等は機動力に優れている上に高性能ステルス戦闘機を積みますから、昔の様な巨大戦艦大和?武蔵?巨大空母信濃を保有する必要はありません。それに、海上自衛隊は世界的にもレベルが高いそうですヨ。現在、載せる予定のF35Bステルス、売ってもらえなかったらどうするよ?海に浮かぶ運動場かい?軍事が「政治」であることは、中国にイジメられて韓国が一番よくわかっていることでしょうに?

  • ?荒野行動 荒野行動で猛虎六合を使って相手を倒しても声っ
  • 3月2日火 ローソン本体の値段はいくら位ですか
  • Learn 注文情報を見ていると不完全なご注文とでてくる
  • 2015年度作品一覧 郵便配達や新聞配達にごくろうさんと
  • 勝手にノスタルジー クラス別になったのに自分に教科書忘れ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です